バンドじゃないもん!大阪ワンマンライブ報告 #バンもん


場所は再び梅田クラブクワトロ。こんな短期間に続けていくことになるとは。
といっても会場の雰囲気は前回の吉澤嘉代子の時とは全然違っていた。ファン層が違うから当たり前だけど。

勢いでチケット押さえちゃったもので楽曲ほとんど予習せずに行ったんだけど、楽しかった。総体的に演者も観客もとても楽しそうだったから。

神聖かまってちゃんの鈴姫みさこさん率いるグループなので、ドラムセットはステージ後部中央に鎮座はしているんだけど、大半はオケ流している感じ。
ただ全部生歌。
ももクロに長年慣れているから忘れていたけど、激しく踊りながらずーっと生歌というのは相当凄いこと。
だから皆さん声を出すのに精一杯で、歌のクオリティを求めるのは野暮というものだと感じた。(そう感じてしまえるぐらいのレベルに達すること自体がすごいのだけど)

ステージを二階席の後ろから見ている内に、だんだんと一人のメンバーに自然に視線が落ち着くようになってきた。

本編、アンコールが終わってからの最後の挨拶で、来月に控える東京・Zepp DiverCityでのワンマンライブの告知の時、生誕だった赤の子・「しおりん」こと恋汐(こいしお)りんごさんをはじめとして、みんな「お願いだから来てください」と泣きながら告知をしていた。
アイドルグループがこれだけ乱立しているわけだから、生き残ることに相当な危機感があるのだろう。みんな声を震わせていたと思う。
ただ一人を除いて。

リーダーはみさこさんで、やはり赤のしおりんがずーっとセンターなのかと思ったら、そうではなかった。
ダンスもそうだし、何といっても生歌での歌で、背丈は小さいのにガンガン引っ張っていた。
MCの時も、みさこさんやしおりん達がテンパって「うわー」ってなっていることがあっても、一人だけ冷静にトークを回していた。
そして前述の最後の挨拶。他の5人は必死に訴えていたが、この人だけは淡々と翌日のライブのお知らせに徹していた。
そのくせ、舞台袖に捌ける時は誰より顔をくしゃくしゃにしていたり。

ワケ分かんねえ。何なんだ。

気がつけば、終演後もやもやとしながら物販列に並んで、こんなものを買っていた。あれれ?

IMG_2654

お台場かぁ。(思うだけですよ、思うだけ)