吉澤嘉代子から目を離すな(7) – 「化粧落とし」:牙を剥く #吉澤嘉代子


「魔女図鑑」、ほぼ毎日聴いている。いいアルバム。こりゃあ確かにプレミアがつくわ。

「泣き虫ジュゴン」の歌が不安定なことを除けば、ファーストミニアルバムでここまでやっているのは驚異である。
さすが吉澤嘉代子。

次のメジャーミニアルバム「変身少女」と「幻倶楽部」は割とテーマなり方向性がはっきりしているが、この「魔女図鑑」はとにかく「この曲が歌いたい!」という初期衝動に身を委ねた、といえるのではないだろうか。

名刺代わりのリード曲であり、先日の梅田クワトロでのライブでも1曲目に選ばれた「未成年の主張」。
その次に収録されているこの曲をはじめて生で聴いたのだが、これがまた異様なテンションであった。

展開がすごい。
Aメロ、Bメロまでは「餃子食べて来たから最近連絡くれないのかしら」とか「『ルージュの伝言』みたいなこと実際やったら捕まるよね」とかコミックソングっぽい歌詞が続く。
サビに至った瞬間、それはどうしようもなく離れ行く恋人への叫びを覆い隠したかっただけだと分かる。
叫んでいるのだ。シャウトではなく。
しかも、ひとしきり叫んだらすっきりすると、自分で分かっている。
多分、「牙を剥く」ってこういうことなんだろう。
先日のライブ後半で、ほろ酔い気分が冷めてしまった。

さてソロツアーも終わり、夏フェスへの参加もあるかも知れない。
その時に彼女がどういうパフォーマンスを見せるか、ちょっと楽しみである。