Galaxyタッチ&トライイベント@大阪参加報告(2) #GALAXYアンバサダー


去る4月13日に大阪梅田で開かれたGalaxyタッチ&イベントの報告をさせて頂きます。
第一弾のこちらの記事からの続きになります。

IMG_2297

エッジスクリーンのメリットは先に述べた「ピープルエッジ」だけではありません。

スマートフォンの時代になり、全面ディスプレイの機種が大半になりましたが、たとえば画面を上にして置いていると、誰からの着信かが大きく表示されてしまうことが多く、プライバシーも何もあったもんじゃないことがありますよね。
で、S6Edge。
ディスプレイの両端にアールをつけているということは、当然画面を下にして伏せてテーブルなどに置いていても、ディスプレイの端はうっすら見えていることになります。
その端の部分を利用したのが「エッジライティング」。

IMG_2315

実際に光らせてみた状態がこうなります。
「ピープルエッジ」の時に割り当てた「よく連絡する人」の色で光るわけです。自分だけには「誰からの連絡/通知か」が分かりますし、ご覧のとおりエフェクトとしてもとても綺麗。

IMG_2298

Galaxyお馴染みのSuper AMOLEDディスプレイ。
解像度も明るさも向上しているのに省電力にもなっているとのこと。
Super AMOLEDの欠点として全体的に青みがかってしまうことがあるのですが、初代Galaxy Sに比べると随分改善されてきたものです。

IMG_2299

で、カメラ。インカメラでも500万画素。アウトカメラで1,600万画素。F値は1.9。

IMG_2300

リアルタイムで4枚の画像を合成させて最適なものを自動で選択しているそうで。
もうここまでくるとすごすぎて分からんな。

IMG_2301 IMG_2302

すっかりお馴染みになったHDR機能。

IMG_2303

これが一番驚いた。ホームボタン2度押しでカメラ起動。0.7秒。
これは便利かも。

IMG_2304

そしてコンデジで良くある「手かざしでシャッター」。
手のひらを認識してから2秒後に撮影されるそうで。自撮りにはいいですよね。

IMG_2305

おくだけ充電にも対応。Qi(チー)、正直忘れられかけてましたからね。

IMG_2306

サウンド機能も強化。下部のスピーカーも出力を上げるなど向上させたとか。
このへんは「あのモデル」に似てる気がするなぁ。

IMG_2307

音楽のシーンにあわせて音質を自動的に変える「Sound Alive+」。
特定のアプリケーションではなく、ミドルウェアで実現させているのだそうです。
サムスン謹製のメディアプレイヤーだけでなく、YouTubeとかRadikoとか、サードパーティ製のメディアプレイヤーでもこの恩恵に預かることが出来るとのこと。

IMG_2308 IMG_2309

最後はサムスンご自慢のCPU。オクタコア(8コア)ですか。
このへんは専門的すぎて分からなかったけど、とりあえず「めっちゃ速い」というのは理解しました。

さてここでS6とS6Edgeの実機を渡されていよいよタッチ&トライでございます。

IMG_2313

S6。オーソドックスなS5までの流れを踏襲しているデザインでしょう。
でも申し訳ないけどほとんど触りませんでした。

IMG_2316

S6Edge。au版のブラックサファイアでした。
ドコモ版のグリーンエメラルドが良かったけど、実際見てみるとこれも悪くない。
複雑な発色はなかったけど、ガラスとアルミがしっかりまとまっていて、質感がとてもいい。

IMG_2317

で、サイズはデカイんだけど、エッジボディの絶妙な設計もあって、持ちやすかったのです。手が広がりすぎて取り回しがしづらいなんてこともなく。

IMG_2318

両サイドを見てみてもとても美しい。

IMG_2319

ボディ上部。真ん中の黒い所は赤外線。ただしTVのリモコンとして使う時に利用するのだそうで、いわゆるフィーチャーフォンのアレとは違うとのこと。
今時そういったニーズもあまりないでしょうけどね。

IMG_2320

ボディ下部。やっぱ似てるなぁ、アレに。

IMG_2321

背面。私の顔がうっすら映り込んでしまうくらい、ガラスの光沢が凄かったです。
指紋も確かに目立っちゃうんですけど。

IMG_2322

さて、専用ケースも会場の後ろで多数展示されていました。
こういった手帳型のケースもすっかり定着しましたが、S6Edge用はちゃんとエッジスクリーンの部分が隠れてしまわないよう工夫されております。

IMG_2323

で、閉じた時はこうやって時刻表示と、何かしらの通知のみが表示されるようになります。
このへんは最近のトレンドでしょうか。

全般的に動作はとても快適。
そして指紋認識の精度が随分向上しているのにも驚きました。前のS5は少しロック解除するのに手間取っちゃった覚えがあるんですよね。今のiPhone6にしても時々ロック解除失敗する時があるのですが、S6/S6Edgeぐらいの精度だと実用に堪えそうです。

で、モニターを勿論申し込みました。S6Edgeです。
前回のS5の時はややサボり気味だったので、今回はじっくり触ってしっかりレポートしてみたいと思います。