突如吹き荒れるKing Gnu暴風雨


不肖からふね、全くもって「イケてる」おっさんではないが、音楽の流行りだけは可能な限り今のトレンドを掴んでおかないとな、と思っている。
一種の強迫観念なのかも知れないが、単純に自分が知らなかった種類の音楽を知るのは楽しいし、そのアーティストやバンド、グループの音源を(旧作であれ未知の新作であれ)掘り下げて知っていけるのは、めちゃくちゃワクワクするのだ。

今回はKing Gnu(キング・ヌー)というバンドをご紹介する。

最近コンビニに行くとレジの液晶画面にアーティストの新譜情報やライブツアー情報が表示されるのを目にするようになったが、そこでよく「King Gnu」という名前を見るようになって「きんぐ・ぐにゅー? 誰やろ?」と思ったのが始まり。

早速YouTubeでチェックして色々掘ってみて、まず最初に引っかかったのがこの「Flash!!!」という楽曲。
先頃リリースされた2ndアルバム「Sympa」に収録されている。

新井和輝(あらい・かずき)のややフランジャーがかかったっぽいベースと、強烈なスネアだがどこか軽いビートを刻む勢起遊(せき・ゆう)のドラムスが抑え気味に響く。
しばらくして、爆発したようなシンセサイザーのリフが「It’s Flash!!!」というファルセットと共に鳴り響き、ギターとボーカルの常田大希(つねた・だいき)がハスキーな声で、いわゆる「パンチライン」を叫びまくる。
リズムがどんどん複雑になっていき、中盤でぐぅっとシンセサイザーとの絡みを見せた後、もうひとりのボーカル:井口理(いぐち・さとる)の澄んだハイトーンが耳を突き刺して来る。
うねるようなギターソロの後、再び常田大希が冒頭の「パンチライン」を絶叫し、唐突に楽曲は終わる。
この間3分足らず。一瞬だった。

鮮烈な出会いというのはいくつになっても起こり得るものだ。

アイキャッチ画像をご覧頂ければお分かりの通り、常田大希を筆頭に全員ビジュアルが良いので女性ファンが多くついている模様である。
何となくSuchmos(サチモス)を連想してしまうが、彼らより泥臭いというか、それ故どこか青臭いというか。
鮮烈かつ考え抜かれたサウンドがその青臭さに説得力を持たせているのは言うまでもない。

以来、Apple Musicで1stと2ndアルバムをダウンロードし(サブスクリプション方式って本当便利)、通勤や外出のお供に聴き倒している日々である。
そればかりか、春にワンマンライブツアーをやるとかで、その先行抽選にも申し込んでしまった。こんなおっさんが行ってええんやろかと一瞬迷ったが……知るか、行ってやる。今見ておかないと絶対後悔しそうだもん。

地上波のドラマの主題歌も歌っているとか(今日現在未リリース)。多分今年私も追っていくことになるバンドだと思う。

最後に、例によっていくつか楽曲のYouTubeを貼っていく。
よろしければ聴いてみて頂きたい。面白いっすよ、彼ら。