しゃがみ込む日々−ソウルフラワーユニオンを巡る雑感(0):気がつけば30年


2019年になった。
東京オリンピック・パラリンピックを1年後に控え、アメリカと中国の嫌がらせの応酬も喧しい昨今。
そういえば、と気づく。
「1989年から30年経過したな」と。

1989年。不詳からふねが大学生の頃。
それまで洋楽一辺倒だった私が、日本にも素晴らしいアーティストがたくさんいることを知った年だった。
プリンセス・プリンセスには「ガールズロックバンド」という常識を破壊する勢いに熱狂させられた。
佐野元春には音楽と自らの生き様に向き合った誠実さこそが清廉なロックを奏でることを教えられた。

大学からの帰り道、駅の商店街の一角にある貸しレコード屋に入った。高校の時からよく覗いていた店だ。
それまで見向きもしなかった日本のアーティストの欄も見るようになっていた折も折、私は1枚のアルバムをそこで探していた。
よく読んでいた音楽雑誌「ロッキング・オン」の後ろの方に、洋邦問わず新譜を紹介するコーナーがある。普段辛辣なレビューが目立つそのコーナーにおいて、そのアルバムは絶賛されていた。
その頃の私はその音楽雑誌の言うことやることを無条件に信頼して影響されていたのだが、絶賛ぶりがあまりに凄かったので、「そこまで言うなら」と一度聴いてみたくなったのだ。

「最も新しいモデル」という名前に偽りはなく、演奏は荒削りなものの、パンクロックをベースに、リズム&ブルース、ファンク、カリプソ等の様々な音楽を融合させた、唯一無二の音になっていた。
そしてバンドのリーダーでありフロントマンでもある中川敬の、ドスの利いた魅惑的な歌声。
この「ソウル・サバイバー」というアルバムを、その後何百回、何千回聴いただろうか。ダビングしたカセットテープは伸び切って3本に至り、その後CDでも、MDでも、そしてiPod、iPhone……もう数え切れないぐらい聴いていて、今も勿論聴いている。

あれから30年。
ニューエスト・モデル、メスカリン・ドライブ、そしてソウル・フラワー・ユニオン……アルバムは全て購入して来た。その後社会人になったので足繁く通えなくなったがライブにもできるだけ赴いて来た。
中川敬の思想に全て首肯できるわけではないし、決して熱心なファンではないけれど、ソウル・フラワー・ユニオンとは付かず離れずの付き合いを続けてきたと自負している。

これから不定期にはなるが、ソウルフラワーにまつわる思い出を書いていこうと思う。
お付き合い頂ければ幸いです。