無数にある通過点のずっとずっと先へ


2018年3月15日、有安杏果がtwitterInstagramを開設しました。

「本物なのか?」と訝しむ声がありましたが、昨年の仙台と武道館のソロライブでのサポートメンバーだったギタリストの福原将宣(ふくはら・まさのぶ)さんが以下のツイートをしていたので、恐らく本人のアカウントだと思われます。

この記事でも述べた通りももクロを辞めた経緯が経緯だったこともあって、予想よりも早く人目のつく所に現れたことで「早すぎる」「普通の女の子に戻るんじゃなかったの?」といった批判の声も少なからず目につきます。
ただ当の有安杏果はこんな写真をあげていて、自分なりの新生活を楽しんでいるようです。

こんなに早くSNSを開設するとは思いませんでした。嬉しい誤算です。
そして反発する人たちについては「じゃあどのぐらい時間をあければよかったの?」とか「そもそも完全に芸能界を辞めるなんて本人は一言もいってないぞ?」とか思います。
きっと彼らは今のももクロを守りたくて、有安の復活はその邪魔になると考えているのでしょう。
理解できませんが。

個人的には、本当に将来音楽活動をしたくないのなら、昨年買ったギターを嬉しそうに抱く写真をあげたりはしないと思っています。
今は活動再開の準備中なのでしょう。新しい事務所との契約の話も進んでいるのかも知れません。
いつかこんな「焦れた」状況も、「無数にある通過点」のひとつだったと、笑えるようになればいいんですけどね。