吉澤嘉代子から目を離すな(10) – 獣ツアー2017@なんばHatch報告 #吉澤嘉代子


またもやお久しぶりです。
そしてこのカテゴリーで投稿するのも久しぶりになる。
とはいえ、全く吉澤嘉代子をスルーしていたのかというとむしろその逆で、新譜もライブも欠かすことはなかったのだ。

相変わらずえげつないペースで新譜をリリースする吉澤嘉代子。
2016年に2ndフルアルバム「東京絶景」を出した後、同年夏にサンボマスター、私立恵比寿中学、岡崎体育などとのコラボレーションアルバム「吉澤嘉代子とうつくしい人たち」をリリースしてそのツアーも行った。関西での会場・神戸クラブ月世界にも赴きました。
そして2017年3月に3rdアルバム「屋根裏獣」をリリース。そして…やっと! やっとこさ! シングル「月曜日戦争」をリリース。
本当曲作り過ぎやで…と思いつつ、なんばHatchに赴いた次第。

ステージには鏡台と椅子、革のボストンバッグ、そしてラジカセ。
「ああ、いつもの小芝居があるのね」とファンなら察しがつく人が多いだろうけど、初めて観た人はきっと面食らうんだろうな。

「屋根裏獣」の1曲め「ユートピア」からはじまり、夫を愛し過ぎて自分自身すら見失ってしまう奥様を、いつものようにちょっとクスクス笑いを織り交ぜつつ演じていく。「ラブラブ」というちょっと懐かしい曲もあったり。「ねえ中学生」はやっぱり少し悲しくなった。
夫を殺めてしまった途端の「地獄タクシー」。「支度しぃ!」、誰も言わんかったな。
中国の「ドラゴン」を従えて会場内を練り歩く「麻婆」。生ホーンセクションで聴いてみたくなった。
そしてしっとりと「カフェテリア」「ぶらんこ乗り」「一角獣」と畳み込む。
もう緊張して顔を真っ赤にして歌う姿は無かった。完全に会場の空気を自らの歌とパフォーマンスでコントロールしている感じ。

本編終了後の1度目のアンコールに登場。相変わらず喋るとふにゃふにゃしてます。
奇しくもこの日はメジャーデビュー3周年。スタッフが用意していたケーキが運ばれる。
「ぶっちゃけ何かやってるなって見えてましたけどね」と照れながらローソクを吹き消すと、会場からも拍手が。
シングル「月曜日戦争」、そして「今まで3枚出したアルバムの曲の中で、一番大切な曲です」と前置きして歌われたのが「ストッキング」。同じ思いの私は思わず小さな声をあげてしまった。

万雷の拍手に誘われて2度目のアンコール。
舞台下手にずっと置いてあったラジカセにスポットがあてられる。
「これ高校の頃に書いたんです。友だちの恋バナ聞いてる横でメモ取りながら」と笑わせた後で歌われたのがシングル「月曜日戦争」のc/wの「フレフレフラレ」。
これで終わるかと思ったら「最後に! 私が最初にメジャーで出した曲を聴いて下さい!」と言われて歌われたのが「美少女」。
「皆で歌って!」と煽られて皆で大合唱して、終了。

大満足のライブでした。
特に発表はなかったけど、きっとこの秋あたりにまたミニアルバムでも出すんでしょうな。